MECP2重複症候群はipsでは治せないと言われています。でも、今回チャージ症候群で行われたように、疾患のメカニズムを理解する上でips細胞を使った研究はとても有意義なことではないかと思います。

家族会メンバーの子も参加し、MECP2重複症候群のips細胞が作製される準備が進んでいるようです。

少しずつ、本当に少しずつ、日本でも研究が始まろうとしています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000505-san-hlth