家族会では会の活動に賛同し協力していただけるお医者様や研究者の方を募集しております。
現在登録されている患者の年齢や、かかりつけ病院、診断方法、症状などを家族会でまとめた資料があります。
ご希望の方は、研究会員申し込みフォームよりご連絡ください。

米国の研究者より朗報が発表されました!
2015年12月、マウスにアンチセンスオリゴヌクレオチドを用いて、たんぱく質の発現量を適量にコントロールし、特有の症状を抑えることに成功したと発表がありました。

以下出典元
THE HUFFINTON POST

原著論文:
Reversal of phenotypes in MECP2 duplication mice using genetic rescue or antisense oligonucleotides
doi:10.1038/nature16159

NPO法人 オール・アバウト・サイエンス・ジャパン(AASJ)によるMECP2関連記事

MECP2 Duplication Syndrome is Reversible!!! – The 401 Project